為替チャートの読み方

どんなふうに為替チャートを読めば良いのかは、FXを始めたばかりの人は戸惑うでしょう。あらかじめ何も知識が無いような人は、初めて見たチャートをどう読み取っていいかはなかなか判断できないでしょう。時間を区切って、為替の値動きの推移を為替チャートではグラフにしているといいます。読み方さえわかれば、為替のレートがどのように動いたかをわかりやすく図示されており、とてもすぐれものです。よく為替チャートとして使われているのが、始値・終値・高値・安値で作られているローソク足と呼ばれるものです。ヒゲと胴体と言われる部分がひとつのローソクには存在しており、胴体が色分けされて相場がどんな動きをしているかすぐに見てわかるようになっています。いろいろローソク足チャートには期間によって異なる種類があるといいます。ローソクを為替チャートで書く場合、1日のレートで1本書くものと、週のレートで1本書くものと、1か月のレートで1本書くものがあり、それぞれ日足、週足、月足と呼ばれています。何を使うかは自分がどんな投資をするかによって決まってきます。普通は日足チャートを基本とし、全体的な流れを知るために月足チャートを使います。デイトレードの基本は1分から5分足チャートであり、チャートの動きを見ながら素速い判断が求められます。投資が長期にわたる場合には、短期間の値動きを意識する必要はありません。短期為替チャートがどんな動きをするか気にかける必要があるのは、相場の転換期などです。

為替チャートで流れを読む

為替チャートというのは、外国為替取引やFXの根本となるものです。為替チャートの目的は、為替の値動きを理解しやすく図で示してありますが、値動きを知ることではなく推測することだといいます。根本的に為替チャートの目的は判断の材料として使うことなので、読み取ることができるだけではだめなのです。為替チャートを見てレートが現在上昇基調にあるのか、下降基調にあるのかを理解しましょう。売り方が強いか、買い方が強いかというのは大事な判断材料だといえるでしょう。勢いが売りと買いで同じという時、その次からの値の動向がそれまでと反対の方へ流れる場合もあるそうです。全体的な流れを分かっておけば、値動きのタイミングや反発する部分というものがつかめるようになるでしょう。しっかりと為替チャートをマスターしてしまえば、利益を上げるのもチャートを分析し判断するだけで可能になるようです。値動きを推測するにあたって、同じ通貨に投資をしている人はみな同じ為替チャートを見ているといえます。次にどんな値動きをするかは、みんなが似たようなことを考えるのです。おおかたの動きを予測するこで、すみやかに損きりしたり、早めに効果のある売買をする判断ができるようになります。普段から複数の為替チャートを見ることによって、うまく為替のながれをつかむことができるようになるでしょう。

為替チャートのトレンドライン

トレンドラインというものが為替チャートにはあるようです。基本的なFX投資というのは、値段が下がっているときに買い、上昇したら売るというものです。どのくらい簡単なこの作業を反復することができるかによって、FXで勝てるかどうかが決まります。大変なのは、良いタイミングはいつなのか予測することです。タイミングを見極めるために役立つのが為替チャートです。為替チャートの値動きは、波のようになっています。大きなトレンドという方向性の間に、短い期間で繰り返しているのが上昇と下降であるという見方です。すぐ値に動きがあるとその都度動揺してしまうのが、為替チャートを読み出してまだ日が浅い人です。細かい価格の移り変わりには、現在のトレンドを分かっていれば左右されることもないといえるでしょう。チャートから波状の動きを分析し、売るタイミングや買うタイミングを決めていくというのも一つの方法です。過去につけた高値や安値とチャート上で直線につないだものをトレンドラインと呼んでいます。トレンドラインには2種類あり、安値を上昇トレンドで結んだレジスタンスラインと、高値を下降トレンドで結んだレジスタンスラインがあります。これ以上は価格が下がることはないだろうと予測されるのが、為替チャートのサポートラインです。価格がそこから上昇に転じることはないと予測できるラインが為替チャートのレジスタンスラインと呼ばれるものです。